osusume
日本で生活していれば、
公共料金の支払いがない月を経験した社会人はほとんどいないでしょう。

それだけ公共料金の支払いは日本人にとってごく当たり前のこととなっていますが、
同じ料金を支払うなら、
少しでも割安感やお得感があったほうがいいと感じるのが人間です。

今現在公共料金の支払方法は数多く存在しますが、
その中でもクレジットカードを利用した方法以上にメリットの高いやり方はありません。

その大きな魅力の根幹を担っているのが、ポイントです。

一つ一つの公共料金の額は小さくとも、
それを一つにまとめると高額な支払いになります。

クレジットカードのポイント換算が100円につき1ポイントと計算しても、
毎月十分なポイントを得られるでしょう。

またクレジット会社の中には公共料金の支払いで利用した場合に限り、
年会費のような料金を割引してくれるサービスを実施しているところもあります。

ただクレジットカードを使う上で気を付けたい支払いの延滞は、
公共料金のまとめ払いでも発生する可能性がある課題です。

もし支払いの延滞などが3ヶ月以上になった場合などは。
万が一、消費者金融からお金を借入したい時などにも不利になってしまいます。
詳細はコチラ→30万円キャッシングする方法

延滞を起こさないためにも、引き落とし日に合わせてきちんとお金を用意しておきましょう。

幸いなことに料金の引き落とし日は毎月決まっているので、
カレンダーなどに書き込んでおけば支払い忘れる心配も減らせます。

bath

冬場の公共料金の請求書をみて、
お金貸してほしい審査なしで・・・。」と愕然とした経験はありませんか?

冬は公共料金が高い、これは気温が低いことが原因になるようです。

ヒーターをはじめとする暖房用の光熱費はもちろん、
お風呂に関係する公共料金も実は支払いがつらいと思わせてしまいます。

お風呂は水を温めてお湯にし浴槽に溜める場合と、
浴槽に水を張ってから沸かす場合とがありますが、
どちらにしても冬は水温が低いですから温度が高くなるまで時間が掛かります。

また、溜める浴槽も冷たいですから暖かい季節よりも温度の設定を高くしないと、
適温のお湯を溜めることができないでしょう。

そして、溜めてから入るまで時間が経過してしまうとお湯が冷めてしまうため追い炊き、
あるいは熱いお湯を足さなければなりません。

また、冬は日が短いので照明も早いうちから必要になり、
こちらも光熱費が掛かることになります。

そして、水の使用量も多くなるのが冬のお風呂です。

水位が低いと肩までつかることができず湯冷めしてしまうので、
暖かい季節よりも水量が多くなるものです。

結局冬のお風呂は公共料金が高くなるということですから、
お湯を入れたら時間を置かず次々入る、
リフォームする時には保温性の高い浴槽にするなど、
節約できるよう工夫することが大切でしょう。

お風呂ヒーターなど、便利なグッズもお勧めです。

今回は電気料金について説明していきます。

一般の家庭に住んでいるのであれば、
ガス代、水道代、電気代は最低限払う必要のある料金です。

また、これらの中で最も高くなりがちなのがガス代であり、
月に2万円以上かかる家庭も数多くあります。

ですので中には生活が苦しくキャッシングを利用している家庭もあります。
例えばアコムで親バレせずにキャッシングして、道を切り開いた人の話には、
内緒でこっそり借りた話が記載されています。

そのため、節約のために広まりつつあるプランの一つが、オール電化です。

オール電化とは、生活の中でガスのエネルギーに頼っている部分を、
電気のエネルギーに変えるというプランです。

具体的には、調理などをする際にガスを使うのではなく、
電気のコンロを使用するということです。

これによって、少なくともガス代は相当に軽減されます。

また、これまで調理をするときは火力を使用していたため、
予期せぬ事故や危険を伴うリスクがありました。

しかし、この部分を電化することにより、そのリスクを大幅に軽減することができます。

このように、オール電化によって得をすることは多いです。

ガス代が安いというのは魅力的ではありますが、気になるのが電気料金代です。

オール電化にするということになれば、もちろん電気料金は上がります。

しかし、オール電化にする前の公共料金の総額よりは安くなることがほとんどであるため、
効率的と言えます。

固定電話はかけなくても料金を払う必要があるため、
家計を見直す中で利用をやめる方が増えています。

今では多くの方が携帯電話を持っているので、
わざわざ契約しておく必要がないのもその理由です。

実際契約を結んでいる家庭は年々減少しており、
代わりに携帯電話の契約数は増加しています。

確かに固定電話の電話料金は無駄に思える時もありますが、
本当に解約してもいいのかについてはしっかり検討するようにします。

なぜなら固定電話の有無は信頼につながることもあるからです。

例えばクレジットカードを作る際には、携帯電話だけでは信頼できないとして
固定電話の番号が求められることがあります。

SOHOなどの自営業においても、
顧客に提示する電話番号は固定電話の方が信頼が得られます。

電話回線の信頼性という点で見ても、固定電話の方が有利です。

携帯電話は電波がつながりづらいことがある他、
電池切れの場合には連絡を受けることもできません。

通話品質が悪い状況では、
大事な話を聞き逃して相手に迷惑をかけることも考えられます。

固定電話ならばどの地域からの通話もしっかり聞き取ることができますし、
電源を必要としないので停電の時でも安心です。

経費削減のために解約をする際には、
これらのメリットについても忘れずに考慮する必要があります。

一般に公共料金といえば、電気・水道・ガス・電話等が思い浮かびます。

公共というと国や自治体の管轄のようなイメージがありますが、
実際にこの中で地方自治体などの公共機関が管理しているのは水道局のみで、
それ以外は民間の会社が料金を徴収しています。

なぜこれらを公共料金というのかというと、
その基本となる価格を、政府や地方自治体が、
決定したり認可する権限を持っているからです。

ですから、この他にもバスの運賃や、
高速道路の料金、国内航空運賃も公共料金に含まれるのです。

この他の公共料金の種類としては、
公営住宅等の賃料、自動車免許の手数料、自賠責や任意保険、
保育や介護にかかる料金、学校の授業料や郵便の送料なども含まれます。

最初にあげた「電気・ガス・水道」などを狭義のライフラインとすると、
様々な公共サービスや福祉サービスも含めたものが広義のライフラインといえます。

これらに必要な費用全般を公共料金といいます。

公共料金を払う日は業者で決まっており、
万が一その日までに払えないという人はキャッシングを利用してみましょう。
最近では女性でも気軽に借りられるよう、女性のためのキャッシングがあります。

昨今、さまざまな制度の改正により、
今まで国の管理によって行われてきた事業が、民営化されてサービス業になりました。

それによって、今までになかった価格競争が起こり、
良い意味での企業努力が迫られています。

業界全体のサービスの質が向上することに期待されています。